暮らしのアイデア2019-02-22

 

2月ももう終わりに近づいてきました。
本当に月日が流れるのは早いですね。

  

前回、フランスの見本市Maison et Objetの出展レポートをさせていただきました。

 

今回は、見本市第2段!
ドイツ フランクフルトで開催されたAmbienteの出展レポートです!

 

 


 

世界最大の見本市 アンビエンテ

 

アンビエンテとは、世界一の規模を称されるドイツ・フランクフルトで年1回開催される世界最大級の消費財見本市です。
今年2019年の会期は、28~12日までの5日間。
Living(インテリア)、Giving(ギフト)、Dining(テーブルウェア)の3つのエリアで構成され、
YAMAZAKILivingエリアにて出展しました!

 

YAMAZAKIブース。
他社のブースに比べて、白で統一された空間は相変わらず目立ってます。

 

世界最大級とあって、丸2日間かけて歩き回っても見切れない広さ!
上記のエリアの中でもさらに細かくホールが分かれていて、
ホールを移動するだけで雰囲気が全然違います。
 

じつは、YAMAZAKIはドイツに支社を構えています。
日本からもスタッフが派遣されているんですよ!
ヨーロッパで、YAMAZAKI旋風を巻き起こしたいと日々奮闘中です。

 


 
フランクフルトの街

フランクフルトの街のご紹介を少し。
ドイツの古い町並みが色濃く残り、ヨーロッパらしい石畳が素敵な街でした。

 

フランクフルトといえばソーセージ!!
だと思っていたんですが、
現地のスタッフに聞いたら違うと言われてしました。。。
「ドイツの人、そんなにソーセージ食べないよ。」
とはいえ、いろんな種類のソーセージが市場には並んでいました。


 

Manufactum(マニファクトゥム)というドイツの雑貨屋さんを知っていますか?

YAMAZAKIの現地スタッフ一押しのショップです。
一言で言うなら、世界中から本当に良いものだけを集めた雑貨屋・セレクトショップ。
メイドインジャパンもちらほら。
そんな中に、

・・・・・・!!!!

 

YAMAZAKIがある!

これは、本当に知らなかったのでテンションが上がりました。

ドイツといえば数多くの機能的な雑貨用品が有名ですが、
そんな商品群にYAMAZAKIも入っていけるよう、これからも頑張ります!
 

 

*おまけ*

少しフランクフルトを離れてケルンの街を観光してきました。
世界遺産の大聖堂はまさに圧巻!
実物を目の前にしても大きすぎて合成された絵みたいでした。
ドイツに行かれた際はぜひご覧になってください!

このコラムを読んだ人にオススメ